大人の隠れ家・DIYでログハウスを建ててみた&ガレージカスタムをしよう!

【大人の秘密基地】ログハウス建築の基礎工事から完成後の活用、改造の記録  車庫のガレージ改造計画等

大人の隠れ家・ログハウスを建ててみた 丸太基礎工事をしたよ (基礎にケミカルアンカーでアンカーボルトを立てる)



 

 休日10回を使用して、コンクリート基礎と埋没電線・水道管工事がようやく完成し、ようやく土木の世界から建築の世界へ踏み出す日がやってきた。

f:id:leon1248:20160122092703j:plain

 

 

f:id:leon1248:20160122092807j:plain

真ん中に立っている杭は上下水道と電力の引込み線だよ。

 

基礎の高さが割と高いので、下回りにも光が入り雑草が生えるかもしれないというわけで、まずコンクリート基礎周りにコンクリート板を敷くことにした。

 

f:id:leon1248:20160122093102j:plain

 その後場所を確認するのに、丸太基礎を置いてみる。

 

丸太基礎はヒノキ材の物。丸太を上下削り平面出しをしてある。

これを井桁状に組み上げるらしい。

 

長さもあるのでかなり重く、三人がかりで運ぶ。

 

f:id:leon1248:20160122093139j:plain

丸太基礎のボルト穴に棒を立てて再度位置の調整。

幅や水平、対角距離、などを測ってアンカーボルトの位置を決めていく。

 

f:id:leon1248:20160122093323j:plain

一箇所基礎高が少し足りなかったようだ、基礎丸太の反りも若干あるが、5mm程浮いてしまった。

 

まあこのくらいなら荷重がかかれば設置するし馴染むだろう、今更どうにもならん!ということで進めることにした。

 

f:id:leon1248:20160122093501j:plain

丸太基礎は、水に強いヒノキ製で加圧注入で防腐、防虫薬剤が注入の上、表面塗装されているが、床下部材で腐食しやすい上、再塗装が困難なので念のため、クレオソートを塗布しておくことにする。

 

この塗料はちと臭い、材が大きくひっくり返すのも二人掛かりでなかなか大変でした。

 

f:id:leon1248:20160122094121j:plain

次に決めた場所に振動ドリルで穴開け。

直径14mm、深さが110mm必要らしい。ケチってダイソーの150円ドリルにしたのもあるのだろうが、これがめっちゃ固い。

 

垂直に長穴を開けるのもなかなか難しい、時々確認しながら力を込めよう。

 

振動ドリルは開けるというより刃先で砕く感じで穴あけを進めるが、モルタル部からコンクリート部に入ると、硬度が格段に上がりちっとも掘り進まない。

 

チャックも滑りやすいのでドリルはパワーと共にドリルチャックが大型の物がいいみたいだ。

f:id:leon1248:20160122094531j:plain

穴に溜まった粉は、エアダスターで吹き飛ばすとちょうど良い感じ。

口先で吹いたくらいでは顔を粉だらけにしても出て来ないよ。

 

 

f:id:leon1248:20160122094512j:plain

ステンレス定規の左側にあるのが今回使うケミカルアンカー。

 

ガラス製の試験管のような物に接着剤が入っており、穴に埋めてその上から長ボルトを叩き入れると、割れて接着されるらしい。

 

これはログハウスキットの標準付属品として付いてきたよ。

 

f:id:leon1248:20160122095021j:plain

グァシャッとガラス管が割れて液が溢れてくる。垂直にボルトが立ったかな?

最悪ちょっとまがっていた場合は、パイプに通してそっと曲げよう。

 

我もちょっと直したよっ(笑)

 

f:id:leon1248:20160122095341j:plain

 

ただ丸太が並んだだけでも、今までよりイメージが膨らんでちょっとうれしいねぇ。

 

次回は建前だ一気に建物の形ができるよっ!

 

初出2010.5.30 再編集、コンテンツ追加2016.1.26