大人の隠れ家・DIYでログハウスを建ててみた&ガレージカスタムをしよう!

【大人の秘密基地】ログハウス建築の基礎工事から完成後の活用、改造の記録  車庫のガレージ改造計画等

ログハウスを立てよう〜 工事12日目 屋根下地工 あちこちの筋肉がプルプルする



 この日も朝から工事開始、午前中はまず塗装。

軒先の部分と端面、出来上がった際に天井部となる内側に塗装したよ

どの場所も組み上がってからの塗装は垂れるし大変だからね。

 

f:id:leon1248:20160122105740j:plain

 

屋根材は塗装面積が大きくなかなか大変、刷毛でしようとしたのが間違ってたね、ローラー買っとけば効率3倍だったな...

 

f:id:leon1248:20160122105950j:plain

 

板材が大きく持ち上げるのが大変なので、ここも三人作業、親と友人に手伝ってもらいつつ作業を進める。

f:id:leon1248:20160122110106j:plain

途中二箇所取り付ける仕切り壁の一部をくりぬいておいた、ここは後ほど換気扇をつけたいのだ。

f:id:leon1248:20160122110151j:plain

 屋根合わせ部の様子、ここには後で水切り金物が付くよ。

 

f:id:leon1248:20160122110247j:plain

手違いもあり一部張り直しになったのはちとダメージだったけれどまずまず順調にすすむ。

 

しかし一階建てで屋根勾配も緩いとはいえ、この高さから転げたら痛いでは済まない。

作業にも緊張して力が入るし、普段使わない場所の筋肉がプルプルする。基礎とはまた違う筋肉が鍛えられていくのが分かる。

 

 

 

 

 

f:id:leon1248:20160122105740j:plain

 屋根板を張り終えたら、下野部に水切りを付けていこう、板の二箇所の段差で、回り込んだ水を切るという物だ。

 

昔は下から上に釘を打ち込むのが力がかからず大変だったと聞く、今はインパクトレンチでねじ込むから楽ちんらしい。が、持ち上げつつ固定する姿勢は随分辛くて今度は腕がプルプルする(笑)

 

f:id:leon1248:20160122110746j:plain

破風板もつけよう、これは風や雨が建物に吹き込むのを防ぐための物らしい、これも姿勢が辛く保持しずらかった、合わせ目がずれちゃったのでここは後ほどコーキング材で埋めることとする... 

 

ちなみにこの場所は紫外線で最も風化が進む場所なので塗装を三度塗りしておいたよ。

 

f:id:leon1248:20160122111015j:plain

 屋根作りで一番大切なことは、雨漏りしないこと。

 

なんて当たり前な!と思うかもしれないが、吹き付ける雨風もあるし、勾配を遡り裏を伝う雨だれもある。

 

棟の部分から、軒先まで綺麗に水を流し、それを十年二十年と持つようにするのは、なかなか難しいのだ。

 

そんなことを思いながら、根板両端に鋼板製の水切り金物を付ける。

 

重力に逆らわず、水が溜まる場所がないように... 隙間が予見できるところはコーキングしておく。

 

そんなこんなで、この日は終了。

梅雨までに後一週晴れ間が欲しいなぁ。

  

初出2010.6.11 再編集・コンテンツ追加2016.1.28

 

 

山で暮らす愉しみと基本の技術

山で暮らす愉しみと基本の技術