大人の隠れ家・DIYでログハウスを建ててみた&ガレージカスタムをしよう!

【大人の秘密基地】ログハウス建築の基礎工事から完成後の活用、改造の記録  車庫のガレージ改造計画等

車庫をガレージに! 土間コンクリート床をエポキシシールドで塗装する <DIY・自作・カスタムガレージ・手塗り>



ログハウスの建築記がひと段落したので、ガレージカスタム記事を書いていくよ!

 

 土間コンクリートの床面塗装をしようと思いネットで調べたが、思ったより情報が少なかったので記事にしてみた、DIYでする人の参考になれば幸い也。

 

 

ガレージの土間コンクリートを塗装したい

 工具がそろってきたので、バイクや車をいじれるスペースが欲しい!
先日は強引にログハウスにApe100を持ち込んでメンテナンスしたが、ラダーで室内に入れるのは手間も大変だし、転す危険もある。Aep100ならともかくNinja650は重量的にも不可能だ。

 かといって一日で終わる作業ならともかく、何回かの週末を仕掛かりでまたぐのは、青空ガレージでは不可能だ。築三十年経過の車庫はあるがあまりにも散雑でとても何かをする場所ではないので片付けて、スペースを確保、土間打ちコンクリートではオイルが染みると困るので床面の塗装を実施してみた。

 

 塗料について調べてみる

 木部や鉄は塗装したことはあるが、コンクリート床は会社の床の再塗装くらいしか経験が無い。会社の床面は、何度も塗られて剥がれてを繰り返しまだら模様なのでそのようになるのは避けたいと調べてみる事にした。

 

 会社で使っているのは、床美人という整備工場とかでもみかける緑色の床面になる塗料だ。塗装後は艶がありきれいなのだが、塗装時はシンナー臭が強烈で、衝撃に弱く工具を落とすと塗装が割れて剥がれたりするのが欠点だ。又少量での購入は困難ぽい。

 

必要な道具を用意しよう

f:id:leon1248:20160206221948j:plain

  前置きが長くなったがそんなこんなで、シンナー臭が無く、強度と耐オイル性能、シーラーが必要なさそうなエポキシシールドという塗料で塗装する事に決定。 必要な道具をそろえてみた。塗料の他に水で溶くクリーナーと説明DVDが入っていた(見なかったけれど…)

他にローラー刷毛と容器、油性刷毛、手袋を用意した。

ハンディ・クラウン NEWホワイトローラーバケットキット レギュラー 7インチ 1690220175
 

若干モデルチェンジしているようだけれど、今回使用したローラー刷毛セット。 内容器をセットして交換する事で容器の洗浄が不要なのが特徴。余った塗料を固めて捨てるのに良さそう。 ローラーは粘性の高い塗料でも割と塗りやすかったよ、容器も安定性が高くて良い、網も便利だがこれも使い捨てになるね。

 

ハンディ・クラウン ローラーバケット R-200用内容器 (3枚入り)

ハンディ・クラウン ローラーバケット R-200用内容器 (3枚入り)

 

ローラーバケット用の使い捨ての内容器、下面が傾斜していて手前に塗料が集まるのでそういった点も便利。

土間コンクリート塗装のための下準備

f:id:leon1248:20160206222958j:plain

 何が大変って完全物置状態のがらくたの片付けが大変でした。


 その後は30年分の埃の掃除、天井の鉄骨から掃除して壁面、床面と清掃、落ちた埃を掃き取った後掃除機を掛けて、塗料に付属していたクリーナーで床面の汚れを落とした。エポキシシールド付属のクリーナーは泡立ちが全く無いが、古い油もデッキブラシでこすればそれなりに落ちた。最後に水で汚れを流して水切りして完了。

 養生テープで鉄骨を養生する

f:id:leon1248:20160206223046j:plain

 

 気温が低い日が続き中々塗装できなかったが、やっと最低気温が13度を超えたので塗装する事に、あまり気温が低いと塗料が固まらないらしい。

 鉄骨の部分は養生テープでマスキングしておく、古いためか養生テープでも鉄骨の塗料が剥がれてしまう、これもいずれ再塗装が必要かもしれない。

ハンディ・クラウン 布コロナマスカー 幅1100mm×長25m

ハンディ・クラウン 布コロナマスカー 幅1100mm×長25m

 

広い範囲をマスキングできるので便利だが、接着面積が小さいので、ローラーで塗装時に剥がしてしまわないように注意が必要

床面のマスキング

f:id:leon1248:20160206223335j:plain

  途中で塗料が無くなると困るので、狭めの範囲で養生して、塗料の残り具合を見て塗装範囲を拡張する事にした。今回は車庫の半分20㎡程度塗るのを目標とする。

 塗装開始

f:id:leon1248:20160206223440j:plain

 エポキシシールドは2液混合型なので、全量を一気に使い切る事と制限時間内に全部塗り終わらなければいけない、塗装を始めるとバタバタで写真も少なくなってしまった。

 混ぜ終わってから指定時間放置するとやや粘性が上がってきた。角と立ち上がり部分を刷毛で塗った後は、ローラーで一気に塗ってゆく。

 粘性が高く刷毛塗りは結構大変だが、ローラーだと随分塗りやすい、どのくらいの厚みで塗るべきか分からなかったのだが、ぎりぎり全面に色がつく程度で塗装したら、20㎡塗り終わっても大分余ったので、表面張力が働く程度の厚みを確保すればよかった。

 

f:id:leon1248:20160206223547j:plain

 エポキシシールドには粉体状の塗料クズのような物が付属している、塗装後に撒くと見た目の変化と塗りムラを目立たなくさせるのが目的らしい。

 考え無しに撒いてしまったが、均質に撒くのは難しく、近くで見ると大理石みたいなランダムな模様がきれいだが、遠目で見るとゴミの用にも見えるので個人的には撒かなければよかったなと思った。

f:id:leon1248:20160206223609j:plain


 撒いた後のアップはこんな感じ、塗膜が薄かったのか、塗料と一体感が今ひとつ無い、表面が滑らかになる程度の塗膜の所は、粉体が溶けたみたいになってきれいに馴染んでいたので、塗り方に問題があったのかもしれない。塗料をケチりすぎたね。

 

f:id:leon1248:20160206223628j:plain

立って歩く視線で見ると逆に撒きムラが目立つので、利用するかどうかは迷いどころだ、塗装ムラよりも目立つのでは? まあ撒いてしまった物はしょうがない。とりあえず完成!

 

 塗料の耐久性等はまだ分からないけれど、光沢もきれいだし価格(1セット15,000円程)と分量も個人のガレージには適度だと思う。塗料の臭いもかなり少ない方だと思う。下塗りシーラーが不要なので楽だが剥がれてきたりしないと良いな。

 
2016.2.7追記 施行から4年 

 施行からもうすぐ4年が経過しますが特に劣化やヒビは見られない。なかなか良い選択だったと思います。

 粉末状のまだら模様も以外と全く剥がれる事もなくしっかり固着している。油にも強く劣化もほとんど見られないいい塗料だったと思います。

 

 塗料は値段によって大きく品質が変化する商品です。1年しか持たないような塗料も、10年の耐久性のある塗料も塗る手間は同じなので、多少最初の出費が高くても長持ちする塗料が良いと思う。

 

 購入当時は取り扱い店舗も少なかったので、入手が困難でしたが、現在はアマゾンでも取り扱いがあり、入手は容易なので是非土間コンクリートを塗装して、キレイなガレージ作りにチャレンジしてみてほしいと思います。

 これがプラスチック系溶剤の中でも硬度が高いエポキシ樹脂を利用した土間コンクリート用塗料エポキシシールド、カラーはグレーとベージュの2色展開だ。 多少高価な塗料ではあるが、安い塗料を数年ごとに塗り替えるよりも、10年持つ塗料を最初から塗る方が、手間もコストも見た目も良いと判断した。

 我が購入した当時はネットで買える店は2件しか見つからなかったが、今はアマゾンで取り扱いがあるようなので楽だね。(リンク先はアマゾン)

 

オススメ記事だよっ

loghouse.hatenadiary.jp