読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人の隠れ家・DIYでログハウスを建ててみた&ガレージカスタムをしよう!

【大人の秘密基地】ログハウス建築の基礎工事から完成後の活用、改造の記録  車庫のガレージ改造計画等

ログハウスの天井に断熱材を施工したよ <DIY・セルフビルド・ログハウス改良記>

ログハウス建築5 壁面・建具工事 ログハウスの活用 ログハウス改造記


 ちょこちょこと改良したり整頓したりして使い勝手が良くなってるログハウスですが、どうも夏の暑さが問題。

f:id:leon1248:20160214132611j:plain

 床下は建築時に断熱材を入れたので、無垢の床の効果も有り冬場はエアコンで大丈夫なのですが、夏は屋根材のアスファルトシングルの熱が室内まで伝わり、エアコンの冷却能力を超えてしまうのです。

 ログハウスの天井に断熱材が必要な理由

 真夏になる前に施工したいと天井の断熱を行いました。(施行時期2012.5)

 

f:id:leon1248:20160214132659j:plain

 施工前の天井がこんな感じ


 親和木材工業のログハウスは、上からアスファルトシングル-防水シート-杉板の3層屋根材という構造になっている。

 杉板は中が中空にしてあって熱が逃げるようになっているはずだが厚みが薄いのと、屋根上部の金物に換気機能が無いため、夏場は手で触ってかなり暑いくらい天井板は暑くなる。

 それとログハウスは、構造上天井がない場合が多い、屋根熱の直射を受けると屋根板を通して室内に熱が思いっきり伝わり暑くなってしまうのだ、傾斜天井はログハウスっぽい雰囲気は良いのだけどね。

ログハウスの断熱材の選定と施工法

 問題はどうやって施工するかだ、平らに天井板を張るとかなり窮屈になるので屋根の傾斜は残したい、しかし傾斜にそって天井板を張るのは、金銭的にも手間的にも大変なのと、規格物のグラスウールでは長さが加工できないので断念。

 

 今回は、以前床下に使用した、ポリスチレンフォームの断熱材カネライトフォームの30mmを使用したよ、本当は壁や床下用断熱材らしいけどね。

カネライトフォーム E?3 450×600×30mm

カネライトフォーム E?3 450×600×30mm

 

 

 このカネライトフォームは発泡スチロールのようにカッターやノコギリで切れるのだが、直角直線に切るのが難しい、しかしだめ元で購入したホームセンターで聞いてみるとパネルソーでカットできるとのこと、さらにワンカット30円と格安だったので、床下のときに比べ随分と楽でした。価格はサブロク板(910*1820mm)で@975円、8枚購入。8畳の部屋で傾斜があるけれど、垂木の部分もあるので8枚で足りました。

 ネットしてたらこんなのも見つけた

白光 電池式スチロールカッター No.251-01

白光 電池式スチロールカッター No.251-01

 

 

f:id:leon1248:20160214132936j:plain

 あうち、作業中に換気扇のカバーに振れて落下見事に割れちゃったよ...

 

ログハウス天井に断熱材を固定する方法

 

 メンテナンス性のためにも取り外せるように施工したかった、最初は断熱材の固定具にシンプソン金具を使用してみたが、ホームセンターに数が無かったのと、高くつくため、簡単にワッシャーをはめた木ネジで垂木に固定しました。

 真上にねじ込むと、アスファルトシングルなんて簡単に突き破り雨漏りになるので注意なのだ。

f:id:leon1248:20160214134311j:plain

 後付け断熱材施工なので障害物が多い、角で一枚板では入れられない所は2分割して指の場所を押し上げてはめ込んだよ。ちょうど良い長さにカットしてあればこのように押し込むとお互い押し合ってバッチリハマる。

f:id:leon1248:20160214134430j:plain

 カットした断熱材の切れ端を、長さが足りなかった部分の抑えとして活用。

 わりと収まりも良い感じ、断熱材自体は軽量なので、ワッシャーかまして抑えれば、安定して固定できた。

 

f:id:leon1248:20160214134410j:plain

 ためし施工をしてから、全体分を買い足し、施工は一人で約5時間程、脚立でのつま先作業で体力仕事でしたがなんとか完成。

f:id:leon1248:20160214135250j:plain

 熱変化や重力でズレたりしないかまだしばらく様子を見ないと何ともいえないけれどそこそこ見栄えよく、安く施工できた。今年の夏は快適に過ごせるかな?

 材料費 約1万円 (断熱材 木ネジ ワッシャー等)
 工具 (インパクトドライバ 脚立)

 

2012/7/28追記
 連日の猛暑日がやってきました、天井断熱の効果は抜群で、以前は屋根の熱さで、天井がかなり熱くなってエアコンが負けていたけれど、連日の屋根がチュンチュンの熱さでも、室内はぼちぼち、エアコンもよく効き快適です。

 

 まだ冬場に天井板内の通気層で結露が発生する可能性はありますが、夏場としてはばっちりです。

 

2016.2.20追記

 施行からもうすぐ四年の歳月が経ちます、冬場の結露は特に見られず、真冬でも真夏でもエアコンのみで快適に過ごせます。気温の変化は工房とかだったら問題ないと思いがちですが、実際使ってみるとやはり快適な気温が保てないのは億劫ですので、断熱材の施行は必要かと思います。

 

 床の断熱材施工記事だよ

loghouse.hatenadiary.jp

 

loghouse.hatenadiary.jp