大人の隠れ家・DIYでログハウスを建ててみた&ガレージカスタムをしよう!

【大人の秘密基地】ログハウス建築の基礎工事から完成後の活用、改造の記録  車庫のガレージ改造計画等

ログハウスに壁一面の本棚を作ってみた  ログハウスを大人の遊び場に活用するぞ <自作/DIY・作り方 大きな本棚/コミック収納>



壁一面の本棚を作ってみた

 コンセプト

 自宅に「壁一面の本棚が欲しい!」本好き、コミック好きなら一度は壁一面の本棚に憧れることがあるかと思います。

 我は増えてきた書籍やコミックをぜーんぶまとめて綺麗に保管したいっ!場所を気にせず好きなだけ買いたいって思ってました。

 

f:id:leon1248:20160207180133j:plain

 というわけで今回は壁一面の本棚を自作してみた。ネットで調べると同じように思う方はやはり多いらしく、作り方を解説しているサイトも見つかる。

 壁一面の本棚の作り方

 有名どころは清く正しい本棚の作り方というサイトだろうか、我が思う本棚に近いものを自作されており、考察も面白く今回の作成にあたり大変参考ににさせていただきました。

清く正しい本棚の作り方

 

f:id:leon1248:20160214155738j:plain


 上記サイトでは材料の精度が何より大切、建具屋にカットしてもらうべし!とあるが、なかなかそんなツテは無い、ホームセンターのカットサービスでなんとかならないか、何処までいけるのか試してみた。

 

どのような本棚が欲しいか考えよう

 f:id:leon1248:20160207180148j:plain
 大きな本棚/コミック収納 材料を購入するためには、簡単な図面と木取り図が必要だ。入れたい本の大きさから棚の高さを割り出し、入れたい本の種類とボリュームから配分を考える。

 

設計図を作ろう

 我はこんな感じでコミック専用を一つと色々なサイズが入るもの(Aプラン)を二つ作ることにする、高さ1820mmの本体が3つと、高さ236mmの上置きが3つだ。

f:id:leon1248:20160214155934j:plain

 

壁一面の本棚の材料

f:id:leon1248:20160214155928j:plain

 図面と木取り図ができたら早速ホームセンターへ。

 今回購入した材料は、木目が綺麗でコスパの良い厚さ18mmのパイン集成材(パイナップルではなく、松などの針葉樹らしい)

 

切り出す前の材料は
パイン材18mm厚 サブロク板と呼ばれる1820×910mmの板5枚@4980円 

ラワンベニア板4mm厚 1820×910 3枚@698円

それらのカット代960円 (実際は1500円位だがおまけしてくれたみたい)

あと他に
65mmコースレッド(木ネジ)500本入り1箱448円
(スリム、割れ防止の先端溝付きにした)

木工ボンド750ml680円

塗料は奮発してオスモカラー #エクストラクリア750ml缶@6400円
(Amazonお取り寄せ送料含)結果としては200ml程足りなくてもう一缶買いました。

合計3万7000円ほどだ 

 

 これはステンレスなのでちと高いね、錆びないという価値が必要ならこっちだね

 今回購入した塗料、薄くてよく伸びる塗料だが、本棚は板の面積が非常に多いので思ったり使いました 本棚三つで1リットルくらい使います。

 パイン材から壁いっぱいの高さの本棚3本分材料を切り出す。

 ホームセンターでのカットはパネルソーといわれるもので行われるが、直角平行が出しやすい反面、長さはちょっと甘い。その辺をよく考えカットに付き合うのが良さそうだ。

 

木材カットのコツ

f:id:leon1248:20160214160331j:plain

 一番重要なのは長さの正確さより、同じ長さが出ること


 例えると、600mmの棚部分の材料が、603mmに成ってしまっても、全部が603mmならほぼ問題なく組めるが、599mmと601mmが混ざると正確な組み立てが難しい。

 棚の幅は揃っているからこそ直角平行が出せるのだ。というわけで、切る順番をよく考えておく。今回は棚の奥行きである220mmと棚板の幅である600mmが多かったので、まず1820×220mmを縦に20枚切り出し、そのうちの12枚から600mmの長さを33枚、あと上置きの材料に236mmを6枚切り出した。さらに端材から袴の部分を3枚切り出す。

 

 裏板用の4mmベニア板も同様にカット、本体より両辺とも2mm程度短くカットできると、はみ出すこともなく丁度裏面の面取りがてら良い塩梅に仕上がるよ。

 なお、板を重ねてカットするとカット代が節約できるが、抑えが弱くなりズレがちなので1枚ずつカットしてもらおう。うまく仕上がれば、きちっとツラの揃った材料ができるはずだ。

 我のときはスタッフのミスでストッパーが動いてしまったこともあり、棚板の内二枚が、数ミリ大きくなった、これを本体に使うと組むのが難しくなるので上置きに回すことにした。

 

墨付け 

f:id:leon1248:20160214160517j:plain

 

 

 カットさえ越えれば後はコツコツやっていけばちゃんと作れる。まずはカットできた板をよく確認しよう、直角のズレがあったりするので、辺ごとに長さを図り、近いものとペアを作り上下を決める。

 それが終わったらシャープペンで墨付けをしていく。板の当たる部分は面倒でも上下とも線を引こう、勘違いとズレを減らせる。

今回は両端から50mmの所にビス止め用の穴をあけることにした。

 

穴あけ加工

 

f:id:leon1248:20160214160604j:plain

 次にドリルで穴を開けていく。

 

 今回は内側から外側にバカ穴(ビスより大きい穴のこと)を開けるので、ドリルの下には当て板をしよう。こうすることで裏側のバリを減らすことができる。

 4.3mmの木ネジに対して4.7mmのドリルを使ったが、結果的にはもう少し大きい5mmが良かったかな。

f:id:leon1248:20160214160617j:plain

 こんな感じに綺麗な穴が空くよ。

 

壁一面の本棚を組み立てる

 カットがまずまずの出来だったので、組み立ては簡単、小口ににたっぷりボンドを塗って、墨線に合わせてねじ止めしていく。

 はみ出したボンドは濡らしたウエスでしっかり拭き取ろう、ボンドが残っていると後でそこだけ塗装がのらないよ。

f:id:leon1248:20160214160933j:plain


 先に上置きで感じを掴むと良いね、製作途中の品を立てかける時も同じ高さとなる上置きが出来上がっていると便利だよ。

 

f:id:leon1248:20160207175947j:plain

 くし状に片側全部止めたら、袴を取り付け逆サイドの側板を取り付ける。接着剤が固まるまでは、クランプで止めるか一晩重石を乗せると良いけれど、ねじ止めも効いているので、まあ動かしても大丈夫だ。

 

ネジ頭を隠すのかどうするのか

 

 ネジの見た目処理は三つの方法があるよ

 一つ目はネジをちょうど面まで締め込んで、ネジ頭は見せる方法

 壁一面の本棚の場合、設置後に見えるのは木口側のみなので、側面のネジ打ち部分は両端部分しか見えないし、その両端も壁に押し当てることも多いから我はこれで良いと思う。

f:id:leon1248:20160214161323j:plain

 二つ目はネジ頭を3-5mmほど押し込んで、パテ盛り>面出しをする方法。

 今回この方法で作ってみた、本棚の組み立て後、鉋をかけて削るとうまくいけばこんな感じに仕上がる。パイン材を使う場合パテはタモ白が良いと思う。ちと手間はかかるが見た目は良いね。

 

f:id:leon1248:20160214161346j:plain


 こちら失敗例
 ボルト頭の埋め込みが浅いと、パテを削る際に剥げたり、透けて見えたりする。最低面から3mmは埋め込んだ方が良い感じだ。

 

f:id:leon1248:20160214161627j:plain

 3っ目の方法は、ダボ埋めというもの、材の1/3から半分ほどの深さまであらかじめダボの直径(8mmや10mm)の下穴をあけておき、ネジ打ちの後木工ボンド付けたタボを打ち込み、乾いてからアサリの無いのこぎりを押しつけるようにして切る方法、タボを切る時がちょっと楽しいが手間はかかる。

 

 我は今回はパテ埋めをしたけれど、乾燥に一晩掛かるし、匂いもするので次はしないかな、ネジ頭面残しで良いと思った。銀色のネジ頭だとちと目立つけれど、黒のコースレッドとかだとそれはそれでかっこいいと思うんだよね。

 

研磨工程

 次の工程は研磨、サンドペーバーでとことん磨く、すっごい面倒だが、これをしないと塗装しても残念な仕上がりになるからとっても大事

 

 我は#180番の番手から初めた(#の後の数字は目の荒さ、数字の小さなものから欠け始めて徐々に大きなものに変えていく)

f:id:leon1248:20160214161933j:plain

 一回目は全体を研磨して、少しゆるく絞ったウエスで水拭きする。その後#240番>水拭き>#400番>水拭きとしたよ。
 

f:id:leon1248:20160214162045j:plain

 この写真はスピーカー作りの時のものだけれど、我はこういったサンダーを利用して磨きます、これは大工用でじいちゃんの遺品なんだけどちとでかいので結構重い。

 しかしあるとないのとでは雲泥の差、ホームセンターでレンタルもしているので検討してみてください。それなりに木工するなら安いもので良いから一個あるといいよ。

リョービ(RYOBI) ミニサンダ S-5000 75×105mm 629000A

リョービ(RYOBI) ミニサンダ S-5000 75×105mm 629000A

 

  こういった安いもので十分です、軽いし細かいところにも入れやすいし人力とは効率が違う

 


 水拭きはする理由は研磨粉を取り除くのもあるが、濡らすと木材は毛羽立つから。

 毛羽立ったのを次の研磨で落とすのを繰り返すことで、塗装時に滑らかでツルツルとした感触に仕上がるのだ。

 

 

 どこまで研磨するかは根気次第、設置時に手が触れる、棚板の表と木口を中心にコツコツと進めよう。粉が舞うのでマスクすると良いよ。

 

f:id:leon1248:20160214162539j:plain

 研磨は手間はかかるがみるみる肌さわりが心地よくなるので頑張ろう。サンダーがあるとかなり楽だが、無ければ角材にサンドペーパーを巻きつけて研磨しよう。

 

壁一面の本棚の塗装をしよう

f:id:leon1248:20160214162609j:plain

 十分研磨したら塗装タイム、今回は奮発してオスモカラーというしっとり系手触りのオイル塗料を選択。0.75㍑缶で足りるかなと思ったけれど、裏板が思ったより塗料を吸い込んだので結局1lほど使いました。

 この塗料は1度塗りで薄く伸ばすように塗るのがコツですね。

 

f:id:leon1248:20160214162724j:plain

 塗装して20分ほど置いて半乾きの時に、めっちゃ細い#2000のサンドペーパーを使って塗料を刷り込みがてら磨きます。塗料によってできた毛羽立ちも無くなってツルツルしっとりに仕上がるよ。(艶のある塗料の時はこれをしちゃダメだよ白くなっちゃうので)

 

f:id:leon1248:20160214162749j:plain

 塗装が乾いたら裏板を当てよう。小口に木工ボンドを塗って、角を合わせるように裏板を置く。

 まずは角を釘打ちして固定。

 

 

f:id:leon1248:20160214162804j:plain

 棚板はネジ頭の位置を基準に両端を打ち、その二つを結ぶ直線を引く。その直線上に2.3箇所釘打ちすれば良い感じに狙えるはずです。

 

f:id:leon1248:20160214162911j:plain

 

壁一面の本棚組み立ての注意点 

釘はまっすぐ打ち込むのはなかなか難しいね、曲がっちゃうとこうなります、リズミカルに思い切って打ち込む方が曲がりにくいよ。

f:id:leon1248:20160214162901j:plain

 

 こうなってしまった場合は内側から頭を小突いて取り除き、爪楊枝でボンドを塗っておこう。

 

パイン材で本棚を作る裏板を当て終わったら無事完成っ! 研磨をしっかりしていれば心地よい肌触りに仕上がっているはず。早速設置しよう。

 

壁一面の本棚の設置

f:id:leon1248:20160207175718j:plain

  壁を用意して...


f:id:leon1248:20160207175731j:plain

 設置!当たり前なんだけれど、この大きさは全部一体ものだと、運び込めない。

その辺も考えて設計しないとダメなのだ。

今回の大きさは本体三つが

縦1820mm

横910mm

奥行き200mm

上置き

縦236mm

横910mm

奥行き200mm

である、それらを運び込んだ後に一体化することで、壁一面の本棚となるのだ。

 

本棚設置後の組み立てと地震対策

 

本体を設置したら上置きを設置して、二つをくっつけてしまおう、落ちてきたら大変だからね。
f:id:leon1248:20160214163337j:plain

 上置きと本体、二つ合わせた板厚は36mmなので、30mmの木ネジで固定しました、組み立てる前に下穴を開けておくと良いね。

f:id:leon1248:20160214163359j:plain

 奥行きの浅い本棚は不安定なので、しっかりとした固定が必要です、柱か、下地のあるところに、平ワッシャーを付けた長めの木ネジを打ち込みましょう、地震に備えて一本に6ヶ所程度は必要かと思います。

 

f:id:leon1248:20160214163410j:plain

f:id:leon1248:20160214163434j:plain

f:id:leon1248:20160207175640j:plain

 

 元々は作業場として作ったログハウスもすっかり遊び場になってきた。次回は同じ工法で、ゲーム機ラックとオープンラックを作成するよっ。

 

  割と有名な市販本棚、ただ無塗装、釘打ちなし、裏板無し、奥行き深し等中々問題点はあるね。

塗装は自分でしないとダメだから、結局手間は半分くらいかな?

 市販本棚は安定性の問題で、設置面積はある程度必要だ 結構お高いしね